FC2ブログ

オリンピックの身代金

久々のガッツリ読書!!

おもしろい!!!!
スポンサーサイト



若松孝二 闘いつづけた鬼才

「一回志したらとことん挫折するまでやりなさい」

「自分だけでやりなさい」

「群れるな」

「頼るな」

「ぶれるな」

「褒められようとするな」

「知ったかぶるな」

「かっこつけるな」


監督が残した言葉の数々・・・


まだ読み始めたばっかりだけど、背筋が伸びる思いです・・・


吉田満著作集


ー 俺は真に生き甲斐を持っていたか、いや何よりも、本当に愛したことがあるか。

それだけでもうすべてというような、渾身の愛を味わってみたのか ー

よし。正しく生きることだ。愛をはぐくもう。

一瞬一瞬に悔いをのこすな。一刻一刻に至誠をつくせ。

立派に生きること、それのみが立派に死ぬ途なのだ。

生きることの中にしか死はない。

では正しく生きるとは何か、その愛の対象とは何か。   

                                  「死を思う」



本を読んでいて気になる言葉に出会うと書き留めておく。

これは今年の1月22日のもの。


イキルトハアイスルコト・・・・・


「人間の基準」

ジョゼフ・フレッチャーというアメリカの思想家が1972年に発表した15の基準。

*最小限の知性

*自己の認識

*自制

*時間の感覚

*未来についての意識(期待と計画)

*過去についての意識(記憶)

*他人との係わり合いを持つ能力

*他人への関心

*意志の伝達

*存在の調節

*好奇心

*人の心と行動の、変化と変化しうること

*理性と感情の平衡

*個人の特質

*新皮質機能


小説の中に出てきたんだけど・・・

この基準を全て充たす人間はどのくらいいるのかしら??




先日読んだ本の中に・・

”人間の一生の意味が、

たった1日、

或いは一瞬の行為に凝縮されるような苛酷な事態が起こり得ることに対して、

私たちは、

その日のために心の奥底で用意をしなければならないのだろうか。”




という一文があった。

35年前に書かれた文章が、

今深く引っかかる・・






sidetitleプロフィールsidetitle

honu京

Author:honu京
京都市中京区三条通り大宮東入る御供町284

tel:075-811-7989

趣味:旅・本・松ケン

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR